読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東部市場前

過去から来た猿

森田季節『魔女の絶対道徳』読了。感想書いたら長すぎて読書メーターの字数制限に収まらなくなったのでこちらで。

  • 作者が久々にシリアスな話を書いたというので買ってみたが、程々にジャンル自己言及的な組み方と叙述まで含めて、基本的には何ていうことのない現代異能ラブコメだった。真犯人の類型的な描かれ方(大学で人文科学やりすぎちゃった感じの人やそこそこ幸せで平穏な生活に飽きちゃった人)なんかはわざとやっているようにみえる。見るべきは劇中たった3,4日の間の出来事の展開に回想を折り挟むことで主人公のあり方と選択=初めての殺人までを過不足なく説得的に描き出し、また一見どうということのない乾いた地方都市の山林をその地誌を掘り起こすことによって伝奇的な場とせしめるその手際だろう。
    • 森田季節の描く地方都市ってノーマライズされてなくて、多分明確にモデルをとったうえで粒度高めに抽出しているからだと思うんだけど、「リアリティ」=今、まさにそこいらの田舎に立地してそうな感じが高くみえる。着実な地形描写の賜物か。
    • 秩序を破壊したいカルト集団っていう点ではオタフィクションにお馴染みの敵さんなんだけど、組織的に編成された秘密結社やテロリストではなく悪さを思いついたただの人間のグループとしてしか描かれないのでホラーっぽさもある。
      • いや、ホラーなら修羅に惨殺されて終わりか。
    • くたら庵の娘さんは多分地方をこじらせちゃった人で、たまたま出会ったか何かしたヒゲの人から久多良市に秘められた「真実」を知ってしまったために問題意識に覚醒してしまったのでしょう。
  • 「ビター・マイ・スウィート」あたりの初期作品を引き合いに出す向きを見かけたが(そして購入時に当方が期待していたのもそれだったのだが)、本作は切なさの叙情性に欠けるのでその観点からの評価は納得しかねる。シリアスを面白掛け合いで糊塗してるせいもあるような。
  • 知里がちょい弱い。下ネタに恥ずかしがっているようでは、輪月が人間としての倫理ぶっ壊れたまんま終始突っ走り続けるのに比べるとどうしても旗色が悪い。本来そういうのって甘ロリ吸血鬼担当でしょ。