読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東部市場前

過去から来た猿

  • ちょっとここのところ色々やっていたので備忘。
  • D.C.S.S.を最終話まで。侏儒の類としてのアイシアが人間になる話だった。途中ヨレ気味だった気もするけど最後はしっかり大団円に収めてくれて満足。
  • WHITE ALBUM(アニメ版)を最終話まで。傑作と言っていいのだけど、当方の語彙ではこの手のアニメを適正に語ることが困難なのでここでは観たことだけ記録しておく。
    • ログは辺を漁れば出てくるはず。
  • AB!を最終話まで。多分3周目。メモはガンガン取りまくったんだけど放映から2年半以上が経とうとしている今に書いてもしょうがないようにも思えて、まとめる気になれない。現時点での自分としての答えは出せたのでいいかなって感じ。瑕疵も把握できて、その上で当方はこれを好むと。
    • やっぱり6話が最高だよねエヴァに影響受けた作品スキー(まあエヴァ自体も好きだけど)としては、とか存外画面の力や声優の語りの力で泣かせに来る作品だったんだな、アニメだから当たり前なんだけど、とか(物理的に)巻き上げた食券が舞い散るのはエロゲーにおける雪/桜吹雪相当ですね、とかOPの自室でピアノ演奏っぽいモーションをとる天使ちゃんのカットはPCのキーボード打鍵を重ね合わされていたんですね、とかそれくらいは書いておくか。
  • アニメとか3回くらい観ないと何が起きてるのか把握できない。
  • ピリオドSDをコンプリート。ファンディスク特有の快楽は確かにあった。本篇から期間を置いてのプレイングによってあたかも記憶喪失が回復していくかのごとき感覚、1シナリオあたりせいぜい1,2時間程度で起承転結が遂行されるムダのない加速度と達成感、女の子のかわいさとえろさ。ああ終わってしまった、終わってしまった……!(さびしさ)
  • リトルバスターズ。次回からクドリャフカ篇のようですね。テヴア暴動をどう「映す」のかな、というのが気にはなっていて、というのは原作では「食堂のテレビのテロップやラジオ放送(後者は無かったかも)から伝えられる遠くの国の短いニュース」を「ヴィジュアル抜きのテキストウインドウのみ」で断片的に提示し情報量を制限することで、プレイヤーの不安感、じりじりと炙られる感覚を理樹くんのそれに寄り添わせる巧妙な演出が(まあフォーマットの制約を逆手にも取るかたちで)実装されていた記憶があるので。