読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東部市場前

過去から来た猿

何よりもまず宮藤芳佳の物語としての1期、キャラクターエピソード重点で11人のおはなしであるところの2期、というコンセプトの差異があって、それはOPやEDの映像にも表れている。ここで、1期のコンセプトに寄り添いすぎると2期が心底耐え難いものになるので適度に間を空けて脳から内容を抜くのがよい。内容を忘れてもキャラクターのことは覚えているので2期を楽しめる。
(劇場版公開合わせで復習を急ぎすぎたことを反省している)