読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東部市場前

過去から来た猿

SW #03.
ここから始まる芳佳救済列伝。
芳佳ときたら早くもリーネちゃんのおっぱいにねらいを定め、訓練後にへばってふたり寝転がっているときにはあたかもそれが当然の行いであるかのごとく胸の上に手をやっているわけですが(それも二度も)、思うにこれは隊のファーストインプレッションがマズかったのではないかしらん。すなわち、ブリーフィングルームでの自己紹介の直後からルッキーニに胸部を審査されたうえにシャーリー、エイラも交えて乳談義が開始されてしまったために、彼女はここでは「そうした行為」が一般に認められているものだと思いちがいをしてしまったのではないか、と考えられるわけですね。どのみち自らの欲望に忠実にあることには変わりないけども。
さてその乳、リーネちゃんもとい名塚佳織の演技は、つれなかったり落ち込んだり卑屈になったり深く静かに怒っていたり、つまりキャラが負の感情に寄っているときこそ映えるものだと気付かされたものであります。エウレカー!